TAG ハンガリー政策金利

今日の見出し(2019.06.25)

ブダペスト市では昨日、CEU大学の卒業式が行われ、創設者のジョージ・ソロス氏の息子、アレックスさんが卒業証書を学生に手渡しました。アレックスさんは祝辞で、CEUがこの2年、現政権による強硬政策に耐えてきたことを称えました。また、ハンガリー政府は、CEUは自らの意思でウィーンに行くことを決めたと主張するも、「CEUは禁じられた。結果、事実上、ハンガリーから追放になったのだ」と話しました。

今日の見出し(2019.05.28)

Magyar Suzukiの労組が結成された/されていないを巡る問題では、国内最大の労組連合MaSzSzは本日、同社が労組連合Vasas幹部の訪問を禁じるのは看過できないとする抗議文書を発表。事態の妥結のため、政府、またILOに介入を要請するとしました。英ヨーク大学の研究チームが世界の河川で行った抗生剤汚染の調査で、欧州ではドナウ川が最も汚染されていることが明らかになりました。

今日の見出し(2019.04.30)

イタリア・サルヴィーニ内相が2日ハンガリーを訪問します。午後早い時間に、ピンテール内相と会談、その後共同記者会見(16時頃開始予定)。
また、オルバーン首相には2日午後遅い時間に訪問する予定。「内相」招待による訪問ながらも、欧州議会選挙まで1か月を切るなか、選挙後、反移民勢力で結集するか、またどのような形で協力できるのかお互い探りあうことになりそうです。

今日の見出し(2019.2.26)

政府は、オルバーン首相名で、全有権者に近日中に手紙を送付します。現在行っている、反ブリュッセル「広報活動」を補完するもの。一方、欧州委員会も、在ハンガリー代表部のウェブサイトで、市民向けにハンガリー語で移民政策について1つ1つ反論する説明を掲載。
中央統計局は、人口動態(2018年1-12月・速報)を発表。減り続けています。

今日の見出し(2019.1.29)

Transparency International ( TI ) が発表した2018年版「腐敗認識指数(CPI)」では、ハンガリーは 64位と、昨年から順位を2つ改善。一方、指数は46と、昨年の45からほとんど変わらず。
Audi Hungaria労組によるストライキは、6日めに突入。

今日の見出し(2018.12.18)

オルバーン首相は昨日、ウィーン入り。EUアフリカ・ハイレベル会合出席のため。(アフリカからは25か国、EUからは13か国の首脳または高官が出席。その他、欧州委員長も出席)経済協力や気候変動が主なテーマになります。

今日の見出し(2018.11.20)

マケドニアのグルエフスキ元首相は20日夕方、自身のFacebookで、ハンガリーで政治亡命申請が認められたことを明らかにしました。