今日の見出し(2020.09.17)

新型コロナウィルスの死者数は9人と、一桁ながらも増加傾向を示しています。ブダペスト市内の3つの病院では、患者が集中し、キャパシティーオーバーに。外部から人員派遣を求めています。コマーロム市とスロバキア対岸のコマルノ市を結ぶ橋が完成。信用保険会社によると、企業倒産数は来年増加の見込み、経済の回復は2022年と予想。

今日の見出し(2020.09.16)

下水調査の先週の結果を詳しく掲載しました。増加傾向にある都市には、セーケシュフェヘールヴァール市、シャルゴータルヤーン市、タタバーニャ市が加わり、前週よりも増えています。菅首相の誕生を受け、オルバーン首相は本日、祝辞を送りました。日本の首相がハンガリーを30年ぶりに訪問することを願うとし、ブダペストへの公式訪問に招待しました。

今日の見出し(2020.09.15)

ブダペスト市は18日より、映画館など屋内でマスク着用を怠った場合、最大1.5万フォリントの罰金を科すことを決定しました。また長距離バス、国鉄では、本日より、マスクをしていない場合は、乗車拒否、強制下車などの措置が取られます。詳細は本日の配信をご覧ください。長距離バスVolánbuszによる「正しいマスク着用方法」の画像あり。

今日の見出し(2020.09.14)

オルバーン首相は12日夜、国営テレビ局M1の臨時インタビューで、学校登校禁止や外出制限など厳しい措置を取る方針はないことを改めて強調。第2波のコロナ対策は、高齢者などリスクグループを守りつつ、国の活動を止めないことが目標としました。
スィーヤールト―外務貿易相は明日、米ワシントン・ホワイトハウスで行われるイスラエルとUAEおよびバーレーンの国交正常化の合意文書の調印式に参列します。

今日の見出し(2020.09.11)

コロナ新規確認数は718人と大幅増加。過去最多の記録を更新しました。イングランド、ウェールズ、スコットランドは、ハンガリーからの入国者には14日間の自己隔離義務付けを決定。12日朝4時から。オルバーン首相は、厳しい制限措置を再導入する方針はなしと強調。その他、トランプ米大統領の再選を支持すると表明。

今日の見出し(2020.09.08)

ラジオ・フリー・ヨーロッパ/ラジオ・リバティ(RFE/RL)のハンガリー語版が、8日から再開。冷戦終了で1993年に放送が終了して以来の再開に。 RFE/RLは、ハンガリーで報道の自由が非常に大きく後退していることを受けて再開すると説明しました。
政府は、秋季国会で、ホームオフィス関連の規則を修正する法案を提出する方針です。

今日の見出し(2020.09.02)

新型コロナウィルスの新規感染者数は365人と、過去最高を大きく更新。また、現在の感染者数も2100人と、これまでのピーク(2054人、5月4日)を上回りました。1日から学校の新年度が始まりました。約180万人の児童生徒らが約半年ぶりに登校。政府は春のような全国一斉の登校禁止は当面考えておらず、感染者が発生した場合、クラスや学校など個別単位での一時的な閉鎖に留める方針。

先週の見出し(2020.08.25~08.30)

ハンガリーは、9月1日から新たな入国規制を導入します。ハンガリー人も帰国後は原則として14日間の隔離に。また外国人は、一部の商用、就学、やむを得ない事情による特例措置などを除いて、入国はできなくなります。政府は、ウィルスを国外から持ち込むのを防ぐためと説明。その一方で、非政府系メディアや一部の専門家は、政府の政策がちぐはぐであることを指摘しています。

先週の見出し(2020.08.17~08.24)

政府は、9月1日から入国規制を強化します。今週決定し、発表の予定。オルバーン首相は、西欧は既に魅力的ではなく、中欧の独自の繁栄を目指すと改めて強調。新しい点として注目すべきは、中欧の将来を築き上げるために、単にV4で協力ではなく、ポーランドを「指揮艦」としたところ。また、「ハンガリーの21世紀の7か条」も掲げました。