2021年5月

今日の見出し(2021.05.12)

今週後半にも、アプリ形式の新型コロナ免疫証明がスマホでダウンロード可能になる見込み。現在はプラスチックカードのみ。カードを巡っては、ハンガリーの社会医療保険に加入する(TAJ番号あり)在留外国人が接種しても、カードが届かないという問題が多数報告されています。免疫証明カード保有者の入国規制の免除に関して、ハンガリー政府が2国間相互主義ベースで進めている合意は、そう単純ではないことが明らかに。

今日の見出し(2021.05.11)

V4+日本外相会合、日本とハンガリーでは報道ぶりにかなりの違い。スィーヤールト―外相は本日、チェコのヤクブ・クルハーネク外相とブダペストで会談。ヴァルガ財務相が、来年度税制改正パッケージ法案の骨子を発表。それによると、来年7月から雇用主負担の職業訓練拠出金は、社会貢献税に統合へ。社会貢献税は結果として2ポイント引き下げる計画です。

今日の見出し(2021.05.10)

ワクチン関連では、週末にシノファーム120万回分が到着。これで合計330万回分が到着したことになります。(ハンガリーは合計500万回分を発注)。さらにWHO(世界保健機構)は先週、シノファームの有効性と安全性を確認。独自に緊急使用を承認したハンガリー政府には医療的にも政治的にも大きな追い風となりました。今週木曜からは16-18歳のワクチン接種が開始になります。

今日の見出し(2021.05.07)

本日の対策本部の記者発表で、人材省のマルジャ教育担当次官は、若者らにワクチン接種を強く推奨。「No vakcina, no party (ワクチン打たないならパーティもなし)」と述べています。来週から16~18歳未満の接種(ファイザーのみ)が開始に。また政令では、来週月曜から、在宅ワークの推奨も終了します。

今日の見出し(2021.05.06)

インド型変異株は引き続き、ハンガリーでは確認されていません。ただし、ムッレール主席医務官は本日の記者発表で、「遅かれ早かれハンガリーにも来るだろう」としました。既にオーストリア、ルーマニア、チェコなど隣国では確認されています。シノファーム、アストラゼネカに加えて、本日からスプートニクも一般市民(社会医療保険に加入しており希望登録済みの場合)はネットで接種日時、場所を予約できるようになりました。

今日の見出し(2021.05.05)

スィーヤールト―外務貿易相は本日、ファイザー・ビオンテックのハンガリー事務所を訪問し、ハンガリーへの供給に感謝を示し同社を絶賛。ハンガリーはファイザーから1080万回分調達で契約。うち280万回分が到達済みです。今後、5月は130万回分、6月は220万回分が到着する予定であることが明らかに。ブダペスト市では世界柔道選手権大会が6月6日~6月13日に開催されます。

今日の見出し(2021.04.30)

政府コロナ対策本部は本日1日だけ、ファイザー10万回分の接種を受け付けると発表。接種は病院で10時から21時までとしました。それを受け、予約受付サイト(EESZT)は朝からすぐにダウン。そのため、病院に市民が次々と直接駆け込むように。例としてブダペスト市のホンヴェード病院前には長い列ができました。同病院では、午前中には配分を受けていたファイザーはすべてなくなったとのこと。

今日の見出し(2021.04.29)

グヤーシュ首相府相によると、ワクチン接種者数(1回目)は明日、400万人に達成する見込み。そのため、土曜日には第3段階緩和措置が実施される見通しです。既に緩和措置は明らかになっていますが、本日、新しいこととして、免疫証明書保有者は、入国後の隔離義務から免除されるとのこと。「ハンガリーの免疫証明書」は当面、国内でのみ有効ですが、これからスィーヤールトー外務貿易相が各国と2国間交渉を開始。