今日の見出し ( 2022.05.24 )

■ オルバーン首相は24日夕方、国会で基本法改正案が採択されたことを受け、ウクライナでの戦争状況による非常事態宣言を早速発表。24日24時から。それにかかわる具体的な措置は、25日に発表とのこと。■ オルバーン首相は、来週の欧州理事会(EU首脳会議)で、ロシア産石油の禁輸提案に関しては協議しないよう、ミシェル欧州理事会議長に書簡で要請しました。欧州委員からハンガリーへの具体的な解決法が提示されていない、というのが理由。

今日の見出し ( 2022.05.17~22 )

■ EUのロシア産石油禁輸では、ハンガリー政府は、導入されたら「国の経済にとっては原爆と同じ」は断固拒絶のスタンスを表明。巨額の投資が必要になり、欧州委がそれに対して解決案を示さない限り応じないとしています。■ 一方で、ドイツ副首相など、ハンガリー抜きで禁輸をと提案する指導者も ■ブダペストで開催された保守派会合で、オルバーン首相は左派リベラルに勝つための12の「ハンガリーの処方箋」を紹介。

今日の見出し ( 2022.05.05~16 )

国会は本日午後、オルバーン氏を首相に再選出しました。オルバーン氏は宣誓後、戦争長期化が懸念される中、ハンガリー人、家族の安全を守ると強調。また、ハンガリー人としての誇りを鼓舞すると同時に、ヨーロッパの将来あるべき姿として、保守、キリスト教主義、愛国主義を挙げました。経済政策ではハンガリー国立銀行(中央銀行)とインフレ抑制で介入すると発言。具体的な措置について示唆することはありませんでしたが、こうした介入で9月頃には効果が見え始め、年末には許容範囲に安定していくという見通しを述べました。

今日の見出し ( 2022.05.04,05 )

欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長は本日、対ロ追加制裁案を発表。その中で、ロシア産の原油に関しては6か月以内に供給を停止、石油精製品は年内に停止することを盛り込みました。しかしスィーヤールト―外相は本日、猶予措置があっても支持しないとこれまでの方針を堅持する構えを見せました。そのため採択にかけられれば拒否権を行使する見通し。

今日の見出し ( 2022.05.03 )

欧州委員会が対ロシア制裁第6弾で、ロシア産石油の禁輸を含めるという報道が昨日からあります。ただし、ロシア産石油への依存が高いハンガリーとスロバキアについいては、禁輸の「免除ないし長期の移行期間設定」とする可能性があるとのこと。これに対して、ハンガリー政府は制裁対象に石油を含めること自体「支持できない」と拒否し続ける方針を強調しています。

今日の見出し ( 2022.04.07,08 )

■オルバーン首相のブダペストでのロシア・ウクライナ停戦合意呼びかけに対して、ウクライナ政府は冷ややかな反応。オルバーン氏が、ロシア産ガス石油の支払いでルーブル建て払いは問題ないと述べたことについても、ロシア側を支援することになると不快感を示しました。■3月の消費者物価指数は前年同月比+8.5%。2月の8.3%からさらに加速。2007年夏以来の高さが続いています。食品価格は13%増加。

今日の見出し ( 2022.04.05,06 )

■欧州委員会は5日、ハンガリーに対して、「法の支配」メカニズム(コンディショナリティ)ルールを正式に発動したと発表。■オルバーン首相は6日午後、内外記者会見を実施。速報配信の通り、プーチン大統領と話し、即時停戦の宣言を要請しました。その他、ルーブル建てでのエネルギー価格支払いは、ハンガリーとしては問題ないとの見解を示しました。

ハンガリー労働法

経営者は独断でボーナスを削減できる? [PR]

コロナ禍や供給網の混乱などで、多くの企業が労務費の見直しを迫られたのではないでしょうか。そのような中、経営者の独断でボーナス支給の有無を決定できると思っていませんか? ハンガリーの労働法では実はできません。それは、労働法では《2つの原則》があるからです。

今日の見出し ( 2022.04.04 )

■4日の国政選挙では、与党Fidesz・KDNPが予想を大きく上回る地滑り的勝利をおさめました。憲法など重要法を単独で修正できる議席の3分の2超の「圧倒的多数」を獲得。■「子どもを守る法」(反対派にはホモフォビアと批判されている)では、有効票の数が足りずに法的には結果無効(不成立)に。ただし有効票の中では政府支持の立場が圧倒的に多かったため、オルバーン首相は今後「政治的には支持された」と主張していく見込み。

今日の見出し ( 2022.03.28, 29 )

世論調査会社らの政党支持率調査では、与党Fideszが引き続きリード。ウクライナ情勢も、当初は親ロシア政策を採ってきた与党には不利になるとも予想されましたが、支持率には影響が見られません。それはオルバーン首相が直ちに、野党に反撃の隙を与えることなく、「ハンガリーの平和安全が一番大事」を前面に出し、人道支援はするが武器輸出しない、派兵しないと明確にしたことが大きいようです。

今日の見出し ( 2022.03.16 )

15日の1849年革命に伴うオルバーン首相の演説、平和推進するのは与党、戦争推進するのは野党と。「平和と安全を求める人は与党Fideszに票を投じる」。野党6党連合の統一首班候補 マールキ=ザィ氏は、ヨーロッパ、自由、成長を選んでほしいと訴える。 政府: 武器も兵士も送らないのでキーフ訪問もなしーーポーランドら3か国首相訪問で

今日の見出し ( 2022.03.09-11 )

オルバーン首相、石油、ガスへの制裁拡大には断固反対を表明。「国民に戦争の代償を負わせてはならない」と。国会は次期大統領に、ノヴァーク前家族担当大臣(与党Fidesz前副党首)を選出。初の女性大統領、最年少。消費者物価指数 (2月) 8.3%に上昇 基礎食品6品目価格統制でも歯止めかからず。Mercedes-Benzは来週からシフト減で生産調整。