今日の見出し(2019.09.04)

EUは今月16日の一般理事会で、EU条約第7条の手続きに従い、ハンガリーの法の支配に関する公式ヒアリングと協議を行います。EUの現議長国フィンランドのアンナ・マヤ・ヘンリクソン司法相が欧州議会で明らかに。欧州不正対策局(OLAF)は最新報告書で、ハンガリーについては2014-2018年のEU補助金のうち3.84%分の返還を求めるよう欧州委員会に勧告しました。

先週の見出し(2019.08.26-09.01)

10月13日の地方選挙を念頭に置いた活発化しています。与党Fideszは、野党民主連合DKが国境フェンス撤去し移民流入を計画しているとする「告知キャンペーン」を今週から開始すると発表。国民は知る必要がある、と強調しました。経済では、先週はフォリントがさらに低下。1ユーロ=330Ftの史上最安値更新後、市場一部では335Ft台もありうるとしています。

先週の見出し(2019.07.29-08.04)

オルバーン首相は1日、フォンデアライエン次期欧州委員長とブリュッセルで懇談。その後、「プラグマティックで生命的本能を持つ指導者を選出できたことはよい判断だった」と歓迎しました。

「これからどうなるかは、今後わかるだろう。しかし、(同氏が選出されたことで)、これまでよりも、また、他の人が選ばれていたよりも、(移民問題等で)妥当な解決策を得られるチャンスが増えた」と述べました。

先週の見出し(2019.07.22-07.28)

オルバーン首相が、ルーマニアの夏季大学で毎年恒例の基調講演。民主主義にはYes、リベラリズムにはNoと言ったことが、過去山積していた問題から立ち直り、経済的な安定につながったと主張。また、非リベラリズムこそが、キリスト教主義や国家の伝統を守るものと改めて述べました。今年はさらに、フィンランドを牽制することも忘れず。

先週の見出し(2019.07.15-07.21)

Fideszはフォンデアライエン次期欧州委員長について、今のところかなりの期待を表明。プーチン・ロシア大統領が、10月30日にハンガリーを訪問する見込み。国内の1~6月期の乗用車新車登録・モデル別では1位がSuzuki Vitara、2位が同SX4 S-Crossと引き続き独占。
販売は好調ながらも、Magyar Suzukiに対しては、労組連合などが抗議活動を繰り返しています。

先週の見出し(2019.07.01-07.07)

オルバーン首相は、欧州委員会の次期委員長候補としてウルズラ・フォンデアライエン独国防相がEU首脳会議で指名されたことを歓迎。
国が学術研究への支配を強めると懸念される法案が、国会で可決。これにより、科学アカデミー(MTA)の付属研究所は、NTAから切り離されます。秋の地方選挙に向けて、左派リベラル系野党と右派Jobbikの協力が進んでいます。

今日の見出し(2019.06.28)

ハンガリー与党議員は、欧州評議会の議員会議で、17年秋に起きたマルタ島のジャーナリスト爆殺事件の第三者による独立捜査を要求する決議案に反対票を投じました。他に反対したのは、イタリア与党議員やアゼルバイジャン、トルコ議員など。これに対して、与党Fideszは、CoEは、ジャーナリスト殺害事件をマルタ攻撃の材料に利用しているだけだから、と説明。