CATEGORY 毎日の見出し

今日の見出し(2019.10.15)

オルバーン首相は昨日から、テュルク評議会(Turkic Council)の首脳会合に出席するため、アゼルバイジャンの首都バクーを訪問。
トルコ・エルドアン大統領などと会談したほか、テュルク評議会各国との経済協力強化のため、輸出入銀行の信用枠設置も発表しました。マトルチ中銀総裁は、ハンガリーの「恥ずべき10項目」を発表。肥満問題については、砂糖へ課税すべきと提言しました。

今日の見出し(2019.10.14)

13日の統一地方選挙の主要結果
● ブダペスト市長選挙ではカラーチョニ・ゲルゲィ氏(44歳、ほぼ全野党推薦)が当選。9年間姿勢を担ったタルローシュ・イシュトヴァ―ン氏(与党推薦)は敗北。
● ブダペスト市23区長でも、野党は予想以上に善戦。
野党 ➞ 14区で勝利
与党 ➞ 9区で勝利(うち2区は無所属だが、事実上の与党推薦)

今日の見出し(2019.10.11)

13日は統一地方選挙です。選挙当局によると、有権者は約825万人。

選挙キャンペーンでは、与党Fidesz・KDNPが、野党の首長誕生ならば移民が大量に流入と、引き続き警告。オルバーン首相は、地元の発展を願うならば、国と協力する与党候補に票を投じるべき、そうすれば予算配分は確実とほのめかしました。

今日の見出し(2019.10.10)

トルコのシリア攻撃を非難するEUの共同声明の発表が、ハンガリーが草案を拒否したため遅れることに。EUでは、共同で非難声明などをする際、これまでにもハンガリーが拒否権を行使したことがあり、ルクセンブルグ外相などは不満を吐露。

これについて、グヤーシュ大臣は、戦争は反対だが、トルコが400万人の難民移民を帰還させようと措置を講じるならば、それは支持しなければならないとしました。

今日の見出し(2019.10.09)

オルバーン首相はミシュコルツ市の他、グッドゥルー市も訪問。いずれも、地元市民の集会などには参加していませんが、国と協力する与党候補に票を投じれば、多くの補助金や支援を与え、ともに発展させられる、というメッセージを発しました。オルバーン首相は明日10日は、「中道民主インターナショナル(CDI)」の会合出席のためイタリア・ローマを訪問。

今日の見出し(2019.10.08)

オルバーン首相はこれまで、地方選挙のために各地に応援などに駆け付けていなかったものの、本日はミシュコルツを訪問。アラクサイ市長候補(現職)とともにしている画像を自身のFacebookでアップしました。しかし、現地でシンパや住民と集会をすることもなかった模様。その後、近くのエゲルも訪問したとされています。

今日の見出し(2019.10.07)

ジュールのボルカイ市長(与党Fidesz)の、若い金髪女性とのセックスビデオが流出。今回のケースが他と違うのは、与党候補が対象であり、事実であるとすれば、内部告発の可能性が高いこと。さらに、単なるひとつの行為というだけではなく、地元で癒着が噂されてきた弁護士兼実業家と結託して汚いカネを多く手に入れ、そのカネで豪華ヨット旅行など豪遊、散財しているというのがメッセージの趣旨であること。

今日の見出し(2019.10.04)

欧州委員の新候補ヴァ―ルヘィ氏には、前の候補に与えられていたポスト(欧州近隣政策・拡大交渉)は配分されない可能性も指摘されています。Magyar Suzukiは、9 月の新車販売台数がこれまでと比較して急激に減少したことについて、8 月の販売台数とともに見れば良好であり、想定内としました。

今日の見出し(2019.10.03)

欧州委員の新候補ヴァ―ルヘィ・オリヴェール氏は2日、フォンデアライエン次期欧州委員長と懇談。金属系労組連合Vasas幹部は、Magyar Suzukiの工場を再訪問するも、立ち入りは引き続き叶わず。労組の権利侵害として、裁判所に訴えると表明しました。米国が発表した対EU報復関税の最終リストでは、ハンガリー産のチーズや豚肉も含まれることが明らかに。

今日の見出し(2019.10.02)

ブダペスト市長候補の支持率調査では、世論調査会社により大きく異なっており、その差はますます開いています。

左派リベラル系メディアが委託した調査2件では、現職タルローシュ氏と対抗馬カラーチョニ氏の差は僅差になっているものの、政権寄りメディア委託の調査ではタルローシュ市長のリードがかなり大きくなっています。

今日の見出し(2019.10.01)

オルバーン首相は年金受給者に対して11月中に平均 3 万 Ft 超を特別給することを発表。これは、「物価スライド」と「年金プレミアム」という既存制度があるためではありますが、発表タイミングは当然今月13日の選挙前に。オルバーン首相は、ハンガリーからの欧州委員候補に、新たに現EU大使を指名。トローチャーニ氏が欧州議会法務委員会に拒否されたため。

今日の見出し(2019.09.30)

欧州議会の法務委員会(JURI)は本日、非公開会合で、ハンガリーとルーマニアの欧州委員候補を再び拒否。オルバーン首相は、29日に行われた与党Fideszの党大会で、党首に再選されました。対抗馬は今回もなし。Magyar Suzuki内の労組結成問題を巡っては、欧州および国際レベルの労働者団体が圧力を加え始めました。

今日の見出し(2019.09.27)

ハンガリーの欧州委員候補トローチャーニ氏が、欧州議会・法務委員会で拒否されたことを巡り、オルバーン首相は本日、不法流入阻止の立法に携わるなどしたための報復と述べました。同氏が保有していた弁護士事務所との利益相反行為というのは表向きの理由でしかないと反論。ブダペスト市内では本日の高校生など若者らによる気候変動対策を求めるデモ行進が行われました。

今日の見出し(2019.09.26)

欧州議会・司法委員会は、ハンガリーからの欧州委員候補トローチャーニ氏が来週以降の議会委員会での本格的な公聴会に進むことを拒否。これを持って、フォンデアライエン次期欧州委員長は、ただちに新たな候補者を探さなければならないということではありませんが、暗雲が立ち込めることに。問題になったのは、トローチャーニ氏が所有していた法律事務所。利益相反にあたる懸念が持たれていました。