2019年9月

今日の見出し(2019.09.13)

オルバーン首相は、欧州議会が新欧州委員候補のヒアリングを行う際、トローチャー二氏については、白熱した議論になるだろうと述べました。その他、インタビューでは、家族支援策の第2弾、第3弾も取りまとめる方針を明らかに。中国エレクトロニクス大手Xiamen Intretech(シアメン・イントレテック)の工場が完成。

今日の見出し(2019.09.12)

北朝鮮がハンガリーの政府機関をサイバー攻撃。スィーヤールト―外務貿易相は本日、報道された通り攻撃があったことは認めました。ハンガリー政府は閉鎖していた在シリアの大使館に代理大使を置き、いずれは大使館の再開を検討。2019年上半期の対ハンガリー直接投資は7310億Ftとなり、前年同月比11%。国別では、韓国が最も多く、ドイツを抜かしました。

今日の見出し(2019.09.11)

トローチャー二前司法相へ近隣政策・拡大交渉担当を配分したことを受け、野党側は一斉に反発。法支配やEU価値で問題にされる政権に属す人物が、加盟希望国のこうした状況をみるのは悪い冗談でしかないとしました。地方選挙におけるブダペスト市長選をめぐっては、野党統一候補のカラーチョニ氏がタルローシュ現市長を公開討論に誘っているものの、現市長の方はのらりくらり。

今日の見出し(2019.09.10)

新欧州委員会の人事案でハンガリーの候補には欧州近隣政策・拡大交渉が配分され、オルバーン首相の希望が叶う形に。人口4万人以上の22都市でも、2市を除き野党は候補者一本化。トルチ国立銀行総裁が最大級の嫌みを込めてヴァルガ財務相に反撃。パクシュ原発拡張事業の制御システム入札が無効に。8月消費者物価指数は3.1%に鈍化。

今日の見出し(2019.09.09)

週末には、与党や保守右派のジャーナリスト、知識者などがバラトン湖畔の町クッチェ(Kötcse)に集まる「ピクニック」が開催されました。オルバーン首相のスピーチ内容は公式には明らかにされていませんが、経済発展を近隣のハンガリー系住民が多く住む地域に広げること、また地方選挙後に同性カップルの養子縁組禁止のための法改正などが含まれたとされています。

今日の見出し(2019.09.06)

パクシュ原発の新原子炉建設事業(Paks2)では、ハンガリーは必ずしもロシア一辺倒ではなく、タービンに次いで制御システムの中枢部分も西側企業を選ぶ見込み。政府は、大量の難民移民流入による「緊急事態宣言」の6か月再延長を決定。
韓国タイヤメーカーHankookは、昨年開始予定だったハンガリー工場の追加投資を棚上げに。

今日の見出し(2019.09.05)

オルバーン首相は、人口問題サミット(於ブダペスト市)で、人口減少は移民受け入れでは欧州の住民入れ替えにしかならず、家族政策が真の解決策と強調。また、人口増が地球生態系に負担になるというグリーンの主張は強く否定。外相は、EU内での税率ハーモナイゼーションには引き続き反対。

今日の見出し(2019.09.04)

EUは今月16日の一般理事会で、EU条約第7条の手続きに従い、ハンガリーの法の支配に関する公式ヒアリングと協議を行います。EUの現議長国フィンランドのアンナ・マヤ・ヘンリクソン司法相が欧州議会で明らかに。欧州不正対策局(OLAF)は最新報告書で、ハンガリーについては2014-2018年のEU補助金のうち3.84%分の返還を求めるよう欧州委員会に勧告しました。

今日の見出し(2019.09.03)

フィンランド首相は今月30日にハンガリーに実務訪問。ハンガリーはトルコから装甲車を購入する見込み。ブリヂストン子会社が倉庫建設と生産能力増強事業を終了。8月の乗用車新車登録 は15,618台と、前年から21%増加。日本格付投資情報センター ( R&I ) は2日、ハンガリーを格上げ。

先週の見出し(2019.08.26-09.01)

10月13日の地方選挙を念頭に置いた活発化しています。与党Fideszは、野党民主連合DKが国境フェンス撤去し移民流入を計画しているとする「告知キャンペーン」を今週から開始すると発表。国民は知る必要がある、と強調しました。経済では、先週はフォリントがさらに低下。1ユーロ=330Ftの史上最安値更新後、市場一部では335Ft台もありうるとしています。